2014年09月02日

スプーン曲げ

人は本来の能力の数パーセントしか使っておらず、本当はもっと大きな潜在能力を持っていて、それを抑え込んでいるのは自分自身で勝手に定めた限界、つまり「できない」「無理」といった思い込み、だそうです。

なので、その思い込みを外せば可能性は大きく広がり、
例えば、
潜在意識レベルから確信できたらスプーンは曲げられるし、無理だと思っていたら曲がらない、とか。

ただ、長年の思い込みを取り払うことは大変なことで、その方法の一つは経験してみること、
といった話を聞きました。


さて、それでは早速試してみようと100均でスプーンを買ってきた単純な十倉。

日本製を選んだのですが、100均の品だけに何だか頼りなさそうです。

「これ簡単に曲がっちゃうんじゃないの〜」

と思いつつ実験に先立ち、ちょっと試しに捻ってみたら、
あら、簡単に曲がってしまいました。
あぁやっぱり簡単に曲がっちゃった、と思い何の躊躇もなくゴミ袋へポイッ


翌日
・・・・・いや、ちょっと待て。
あの一瞬、スプーンが簡単に曲がってしまうことを逆に心配し、そのスプーンがゴミ袋へ直行してしまう程、曲がることを全く疑っていない自分がいたような。
つまり、それこそ「できない」という思い込みから解放されて、深い意識レベルから確信していた状態ではないのか!?

これまでは、困難と思っていることを成し遂げてこそ「できた」という達成感もあると思ってましたけど、そもそも困難だと思っている前提が大きなブレーキになっていたのかも。
そして、潜在意識レベルで「できる」と思ったことは当然のこととして達成され、それほど大きな感慨は伴わないものなのかもしれませんね。

ゴミ袋を漁ってみると、昨日のスプーンが出てきました。
これでもかと3回転グルグルに曲げられた状態で。


posted by トクラジムショ at 18:24| Comment(0) | 日記